クロールの泳ぎ方のコツ|クロールのキック法

クロールの泳ぎ方のコツ|クロールのキック法

水泳,クロール,キック,泳ぎ方,コツ

クロールの泳ぎ方で大切なのは水中でのキックが正しい姿勢でしっかりされているかです。
ここではクロールのキックのコツをご紹介します。

 

@:姿勢と関節がポイント!

基本として姿勢と関節の使い方が大切になってきます。

  • 基本姿勢ができているかどうか?
  • 足首の関節の可動範囲が広いかどうか?
  • 股関節と膝関節の屈伸の連動が出来ているかどうか?

これらを意識して基本姿勢を作り上げていきます。

 

水泳,クロール,キック,泳ぎ方,コツ

その中でストリームライン(流線型)水平姿勢は水泳の基本であり、
ストリームラインでの水平姿勢が維持できない場合は下半身が水中に沈みます。
下半身が沈めば下がった足が水の抵抗を多く受けて失速してしまいます。

 

さらには、キックの方向性が悪い方向に変化しキックしても一向に前に進まないという事態を起こすこともあります。
よって基本姿勢と関節の使い方をしっかり体に覚えさせることが必要です。

 

A:足首の柔軟性がポイント!

キックを強く速くするには、まず足首の柔軟性が大事です。
足首と足の指が良く屈伸することがキックのポイントになってくるので、
関節を壊さない程度に柔らかくするストレッチを取り入れるなどしましょう。

 

B:キックの方法のポイント!

足首は力を抜いて水圧に合わせて足首が勝手に曲げ伸ばしされる状態が理想です。

 

ダウンキック(けり下げ)

股関節を曲げながら膝関節を曲げることでキックの力のタメになります。
股関節と膝関節を曲げるとは、膝を落とす感覚で次に曲げた膝を勢いよく伸ばします。

 

アップキック(けり上げ)

膝を伸ばしたままでけり上げます。
アップキックの最後で脚をリラックスさせ、このリラックスが次のダウンキックの膝の落としにつながります。

 

アップキック中に膝を曲げると、
ふくらはぎに水の抵抗を受けダウンキックで推進力を得てもアップキックで帳消しということになってしまいます。
つまり遅いキックになってしまうので注意が必要です。

 

プールでの練習

まず片脚キックの練習をやります。

 

上記のダウンキックとアップキックに足首の柔軟性を持たせて、
片脚ができるようになったら両脚で練習をしましょう。

 

練習の際は、背浮きでやった方が呼吸が自由に出来ますよ。

 

Cコツのコツ!

水に作用する作用点は足の甲と足裏です。水を押している感覚を大事に!

 

クロールの腰の上下動を意識し
右腰を上にするときは左腰を下にする、互いに腰が反発するような意識をしましょう。

 

また腰から始動して脚を動かす意識が大事です。
脚も胴体も使える筋肉はすべて使う、
筋肉を全て使ってこそ強く疲れることを知らないキックが生まれるのです。

 

>>>クロールのストロークについて

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク