背泳ぎの泳ぎ方のコツ|背泳ぎの呼吸法について

注目コンテンツ

当サイトでも、出来るだけ分かりやすく、水泳の各泳法の早くなる秘訣についてご説明しております。しかし、どうしても文章だけでの説明では限界があります。
やはり、理解するスピード、量では動画での解説が一番です

 

>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 


水泳,背泳ぎ,呼吸,泳ぎ方,コツ


背泳ぎの泳ぎ方のコツ|背泳ぎの呼吸法について

水泳,背泳ぎ,呼吸,泳ぎ方,コツ

背泳ぎの呼吸はいつするか?
速く泳ぐためには、呼吸をいつするのかは大切なコツになってきます。
呼吸によって生じる体の変化をまず知りましょう!

 

理想的な背泳ぎの呼吸法

息を吸うと、肺に空気が入るので体の比重は軽くなり浮きやすくなります。
逆に息を吐くと、体の比重が大きくなり沈みやすくなります。

 

つまりいつ空気を吸うか、吐くかは、
沈んだ状態では抵抗が大きくなる速ので泳ぐのに重要な要素になるのです。

 

理想的な呼吸としては、どこで空気を吐くかということです。
リカバリーの途中、背泳ぎ中に手が一番高いところを通る時に吐くのが理想的です。

 

細かくイメージすると、
腕の遠心力によって多少体が持ち上がりぎみになっている状態の時に息を吐けば、
最小限の沈みですむので、主にこのタイミングで息をすると効率的な背泳ぎの呼吸法ができます。

 

>>>背泳ぎのスピードアップの秘訣