平泳ぎの泳ぎ方のコツ|平泳ぎのストロークについて

平泳ぎの泳ぎ方のコツ|平泳ぎのストロークについて

水泳,平泳ぎ,ストローク

平泳ぎはブレストストロークの名前から、ブレとも呼ばれています。
足と手の動きがバラバラなので、うまく泳げずに徐々に沈んでしまう場合も多々あります。
沈まないように正しいフォームを身につけることが大切です。

 

平泳ぎとは?

平泳ぎは4泳法の中では一番難しい泳ぎ方で、ルールも細かく決められています。

 

平泳ぎには2種類の泳ぎ方があります。
ストレート泳法と、近年になって正式な泳ぎ方と認められたウェイブ泳法とがあります。

 

ストレート泳法

頭を出したまま直線の動きで泳ぐ方法です。

 

ウェイブ泳法

頭が水の中に入れて泳ぐ方法、
近年正式に認められ、ウェイブ泳法が使えることになりました。

 

泳ぐスピードはストレート泳法に比べると、ウェイブ泳法の方が速く泳ぐことができます。

 

そんな平泳ぎのストロークについてご紹介します。

 

平泳ぎのストロークについて

平泳ぎの腕の動きは、クロールなどとは全く違います。

 

キャッチ

け伸びの状態から、手首を使って水をキャッチするように水をかき、肩の幅まで開く動きです。

 

プル

水をかく動きです。
肘を下げすぎず、上げすぎないようにして手の平だけではなく、
腕全体で水をかくように意識しましょう。

 

水のかきかた

平泳ぎのプルには外かきと内かきの2種類がありますが、
ほとんどの人は外かきになっています。

 

外かきは、前に出した手の平を腕よりも外側に広げるようにし
、円を描くように水をかきます。
肘は上にあがらないように気をつけましょう。

 

かいた後の腕の動きは、手の平を胸の前で合わせるようにして、
伸びの状態に戻ります。

 

このようにして平泳ぎのストロークを自分のものにしていきましょう。

 

 

>>>平泳ぎの泳ぎ方のコツ|平泳ぎの呼吸法について

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク