バタフライの泳ぎ方のコツ|バタフライのストロークについて

バタフライの泳ぎ方のコツ|バタフライのストロークについて

水泳,バタフライ,ストローク,泳ぎ方,コツ

バタフライは水泳の中でも、泳ぎ方が難しいと思う人が多いかもしれませんが、
平泳ぎが変化したもので、通称「バッタ」と呼ばれます。

 

ここではバタフライのストロークについてご紹介します。

 

バタフライのストロークとは?

ボディ、ポジションの安定と抵抗の軽減を行うためのうねりは、
呼吸と推進力を生む強力なドルフィンキックを打つための最小限のもので十分です。

 

バタフライのストロークで大切になってくるのは腕の動作です。

 

@エントリー
  

肩幅かそれより少し狭い位置で、
入水地点からキャッチポイントに至るまでに
手についている気泡を取り除くように入水していきます。

 

Aキャッチ

手を伸ばしながら、
自然に水をかき込めるようにストロークします。

 

Bスカーリング、プル

プルスピードは、
前半はゆっくりとしたスピードで、
中盤から後半にかけて、加速していきます。

 

Cフィニッシュ

セカンドキックと合っていないと最後までかけないので、
クロールよりやや短めになりますが、
セカンドキックが弱いほどプッシュは甘く、外にかきやすいので気を付けましょう。

 

Dリカバリー

エルボーアップは必要ないので、リラックスした状態で行います。
手の甲を前に向かせ、リカバリーするといいでしょう。

 

>>>バタフライの泳ぎ方のコツ|バタフライの呼吸法について

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク