背泳ぎの泳ぎ方のコツ|背泳ぎのキックについて

背泳ぎの泳ぎ方のコツ|背泳ぎのキックについて

水泳,背泳ぎ,キック,泳ぎ方,コツ

背泳ぎのコツとしてまず水泳の3大原則を知っておきましょう。

 

水泳の3大原則

  1. しっかり浮く…水に浮くことが1番大切です、速く泳げば泳ぐほど大切になってきます。
  2. しっかりかく…水をかかないと前に進まないのでしっかり掻きましょう。
  3. 抵抗を少なくする…水の抵抗をなるべく少なくすることも速く泳ぐことに必要です。

 

背泳ぎは、唯一仰向けで泳ぐ泳法なので顔に水をつけなくても泳げます。
ここでは背泳ぎのキックについてご紹介します。

 

背泳ぎのキックとは?

基本的にクロールのキックと変わりません。
このキックには2つのアップキックダウンキックの動作があります。

 

アップキックは推進力を生み、ダウンキックは浮力を生みます。

 

特に背泳ぎは、このダウンキックが大切になってきます。
背泳ぎで足が沈んでしまう人は、ダウンキックができていません。

 

ダウンキックの方法としては、
膝を伸ばして下に意識的に蹴ります。
力加減はアップキックが4に対してダウンキックが6です。(又はアップ3、ダウン7)

 

アップキックは感覚として、軽くボールを蹴るようにするといいでしょう。
この2つがうまく使えて、はじめて正しいキックができます。

 

足が沈んでしまう場合どうしたらいいかというと、、、

 

まず膝が曲がっていないか確認しましょう。

キックは膝を曲げてすると、浮力が得られないのでしっかりと膝を伸ばしてやりましょう。

またはダウンキックをしているか確認しましょう。

ダウンキックが浮力を作ります。上にばかり蹴らず、膝を伸ばしながら下にも蹴ってみましょう。

力が入りすぎていないか確認しましょう。

足や体は力を入れると筋肉が硬くなり、比重が増し、沈みやすくなります。足首も膝も、力を抜いてみましょう。
背泳ぎのキック法はただがむしゃらに練習するのではなく、
効率よく正しいトレーニングで身につけましょう。

 

>>>背泳ぎの泳ぎ方のコツ|背泳ぎのストロークについて

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク