クロールのスピードアップの秘訣

クロールのスピードアップの秘訣

水泳,クロール,スピードアップ,泳ぎ方,コツ

クロールであと1秒でもタイムを上げたい!
そんな時、クロールのスピードアップの秘訣があれば是非しりたいですよね!
ここではクロールのスピードアップの秘訣についてオーソドックスな方法をご紹介します。

 

プル・キック・息継ぎの基礎を大事に

クロールのスピードアップの秘訣は、基本的な練習をバランス良く積むことです。
クロールは呼吸のタイミングを合わせながら、
プル、キックの相乗効果でタイムが上がる泳法なので、
基礎的な練習を積むことがクロールを速くする一番の近道になります。

 

息継ぎの時に無理な姿勢になると、
バランスが崩れて腰から沈んでしまうので結果として遅くなってしまいます。

 

クロールの息継ぎはリズミカルに5〜7回程度が初中級者にはベストだと言われており、
息継ぎの回数をコントロールしただけで速くなる人が多いです。

 

フォームを大事に

息継ぎの回数を変えても速くならない場合は、
基礎的なクロールのフォームが出来ていない可能性が高いでしょう。

 

それは、クロールのフォームが出来ていないために息継ぎの回数が不自然になっていることも多いからです。
クロールの基礎の見直しが遠回りなようでいて一番の近道なのです。

 

なぜクロールの基礎を固めることがスピードを上げる近道なのかは、
正しい泳法で手で水をかき、キックすることで水の抵抗が減らされ、
クロールのスピードが上がるだけではなく、無駄な力を使うことがなくなるからです。

 

そうすることで後半でバテてスピードが落ちることが減ります。
結果としてクロールが速くなるので、
クロールはキック同様、プルも大切なので基本練習をしていきましょう。

 

プルを磨く

クロールでのプルは色々な方法があります。

 

ストレートプルとは、クロールで代表的な手のかき方です。
水の中で半円を描くように、手をかくようにする方法で、

 

スピード面では他のプル(C字プルやS字プル)に劣ると言われています。
けれども、ストレートプルをマスターしないと、クロールの基礎的な土台を作ることが出来ません。
正しいストレートプルをマスターしてから、C字プル・S字プルに段階的に進む方が結果的にはスピードを上げることに繋がります。

 

ストレートプルで練習すべき基本は、入水する時の手の角度です。

 

クロールのスピードを上げるには手を外側に曲げるのではなく、
手のひらで半円を描くように水をかくようにしましょう。

 

上級者がクロールのスピードを上げる時も、プルやキックの基本が出来ているか、確認するものです。

 

クロールの中級者以上になると、テクニックに頼りがちで基礎練習を嫌う人がいますが、
基礎がしっかりと出来ていないといくら練習を積み重ねても、スピードを上げるのは難しくなってきます。

 

つまり秘訣は基礎であり、基礎はクロールのスピードを左右する重要な要素なのです。
基礎をよく練習しておくと、スピードが上がっていく時間も短くなりますよ。

 

>>>クロールのスピードアップのための練習メニュー

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク