バタフライの泳ぎ方のコツ|バタフライのキックについて

バタフライの泳ぎ方のコツ|バタフライのキックについて

水泳,バタフライ,キック,泳ぎ方,コツ

バタフライは水泳の中でも、泳ぎ方が難しいと思う人が多いかもしれませんが、
平泳ぎが変化したもので、通称「バッタ」と呼ばれます。
腰が悪い人は避けた方がいい泳法です。

 

ここではバタフライのキックについてご紹介します。

 

バタフライのキック

バタフライは力で泳ぐのではなく、リズムで泳ぎましょう。

 

バタフライのキックは足を揃えて行うドルフィンキックです。
見た目では力任せのような印象を受けますが、まずキックの練習からしましょう。

 

真っ直ぐな体勢でキック

体を真っ直ぐにした状態でキックの練習をします。
膝は90度に折り足首は伸ばします。
腰をしっかりと使ってキックして進んでみましょう。

 

グライドキック

前方に手を伸ばし、
腕から足までうねるように反動をつけてキックします。

 

体を真っ直ぐにしてキックするのと比べると、
腰を動かしづらいので、腰を意識してキックするのがポイントです。

 

第一キック・第二キック

バタフライのキックは2回で1セットです。

 

1回手で水をかいたら2回キックするということですが、
1度目のキックは前に進むためのもので、
2度目のキックは浮くために行うキックと考えましょう。

 

足首に力が入らないように気をつけるのがポイントです。

 

>>>バタフライの泳ぎ方のコツ|バタフライのストロークについて

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク