スピードアップのための練習メニュー|平泳ぎ

スピードアップのための練習メニュー|平泳ぎ

水泳,平泳ぎ,スピードアップ,練習法

あと1秒の壁を破りたい、スピードを上げたい、
だけどどこから練習したらいいのかわからない。
そんな時は基本にもどることも大切です。
ここではスピードアップのための平泳ぎの練習方法についてお話します。

 

平泳ぎのスピードアップ練習

平泳ぎのキックを練習することでスピードアップにつながります。
平泳ぎのキックにはウィップキックとヴェッジキックの2種類があります。その中でもよく使用されるのがウィップキックです。

 

ウイップキックの練習
腰掛けキック

プールサイドに腰掛けて、かかとだけを水に入れます。
この時、膝の間隔はげんこつ1つ分です。

 

そして葉っぱの形をかかとで水に描きます。

 

開きながら真ん中までいったら閉じ、膝を伸ばします。
膝が開いたり、つま先が水の中に入らないように注意しましょう。

 

次に勢いよくキックしてみます。
土踏まずでキックするような感じでします。
水が遠くに飛び、隣のコースまで飛ぶようになりましょう。

 

壁キック

プールサイドを持ってキックの練習をします。

 

沈まないように、ヘルパーを使用してもいいでしょう。
この時のキックも膝が開き過ぎないように注意してください。
膝を曲げた時に、足首が伸びてしまうので注意しましょう。

 

腹ばいキック

膝が曲がりすぎる人の矯正練習です。

 

プールサイドにビート板をひいて、腹ばいに寝ます。
腰のあたりから水につけてキックします。
その時に膝が壁にあたらないようにしましょう。

 

板キック、ヘルパー付

ビート板を持ってキックします。
この時に足首が伸びないように、しっかりつま先が開くようにします。
もちろん膝は離さないで下さい。

 

板キック

ヘルパーを外すと足が沈むので、浮力あるキックがほしくなります。
補助する人は正しいキックの軌道を描くようにして体に覚えさせます。

 

できようになったら、だんだんキックを強くしていきます。
足の裏で水の感触がよく分るようにキックしましょう。

 

背面キック、ヘルパー付

お腹にヘルパーをつけ、あお向けになってキックします。

 

これは膝が入りすぎるのを矯正したり、足首がなかなか曲げて出来ない人の練習です。

 

キックするために膝を曲げたら必ずかかとを持ち、
自分では曲げているつもりでも、曲がってないので足首が曲がっているか確認しましょう。

 

かかとを持ったら足に力を入れて離します。
ポッンとはじかれたようにキックします。

 

この時も正しい軌道でキックしてください。
あお向けになっているので、膝がお腹に入る人は沈んでしまいます。

 

>>>水泳で肩や肘を痛めないために気をつけることとは?

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク