平泳ぎの泳ぎ方のコツ|平泳ぎの呼吸法について

平泳ぎの泳ぎ方のコツ|平泳ぎの呼吸法について

水泳,平泳ぎ,呼吸法,泳ぎ方,コツ

平泳ぎはブレストストロークの名前から、ブレとも呼ばれています。
足と手の動きがバラバラなので、うまく泳げずに徐々に沈んでしまう場合も多々あります。
沈まないように正しいフォームを身につけることが大切です。

 

平泳ぎとは?

平泳ぎは4泳法の中では一番難しい泳ぎ方で、ルールも細かく決められています。
平泳ぎには2種類の泳ぎ方があります。
ストレート泳法と、近年になって正式な泳ぎ方と認められたウェイブ泳法とがあります。

 

ストレート泳法

頭を出したまま直線の動きで泳ぐ方法です。

ウェイブ泳法

頭が水の中に入れて泳ぐ方法、近年正式に認められ、ウェイブ泳法が使えることになりました。

 

泳ぐスピードはストレート泳法に比べると、ウェイブ泳法の方が速く泳ぐことができます。
そんな平泳ぎの呼吸法をご紹介します。

 

平泳ぎの呼吸法

  1. まず脇をしめて背筋を伸ばします。(脇を思い切りしめることによって、勢いで体が水面から出ることの助けになります。)
  2. 脇をしめる時は、体の前寄りでしめるようにして、体を斜め前にあげるようにします。
  3. あまり水面から体が出すぎないようにして、息継ぎをし、出るときに伸ばしていた背中は、水に入るときは少し丸めるような感じにします。

 

平泳ぎの呼吸法のコツ

1メートル先あたりの水面を見るように呼吸してみましょう。
そうすることで、自然とあごが上がらずに、
また水面ぎりぎりの位置より多少高い位置に口の位置がキープできるので、呼吸するのが楽になります。

 

>>>平泳ぎのスピードアップの秘訣

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク