バタフライのスピードアップの秘訣

バタフライのスピードアップの秘訣

水泳,バタフライ,スピードアップ,泳ぎ方,コツ

バタフライであと1秒でもタイムを上げたい!
そんな時、バタフライのスピードアップの秘訣があればしりたいですよね!

 

ここではバタフライのスピードアップについて秘訣を少しご紹介します。

 

バタフライのピッチを上げる

ピッチを上げるには、うねりの少ないフラットな泳ぎにする必要があります。
そうすればタイムも上がり、ピッチも上げやすくなります。

  1. 頭よりも手の入水を先にすること。
  2. 入水後は手のひらで水を抑えて体を水面近くに保持すること。
  3. リカバリーは水面近くのぎりぎりの低い位置で手を前に戻すこと。

    リカバリーの手の位置が高くなると深く潜ってしまいます。

  4. 呼吸。あごを引いて行うこと。吐く、吸う、止めるのリズムで

    なるべく肺に空気をためて浮力にします。

 

泳ぎのリズムを作る

バタフライの泳ぎのリズムを作るのはキックです。
キックのピッチが上がらなければストローク(腕のかきと戻し)のピッチも上がりません。キックのピッチを上げることが必須です。

 

ストロークのピッチを上げるドリル
  1. ヘッドアップスイムを行い、フラット系のバタフライのドリルとしても有効です。
  2. 脚の間にプルブイ等を挟みさらに足首をゴムバンド等で縛ります。

    キックをしないでプル(かき)だけで泳いでピッチを上げる。

  3. フィストスイム(拳骨にして)で泳ぐを練習します。

 

バタフライのシャドースイミング

プルとキックのタイミングを合わせるには陸上で練習します。

 

鏡等の前で姿が写るところで、
キックは両膝の曲げ伸ばしで代行します。
膝の曲げ伸ばしによるキックにプルをあわせた練習をしてください。

 

水中ドルフィンキックでスピードアップの秘訣

まずは陸上で、畳の上等で仰向けになって寝てください。

 

おへそを上下させ、
おへそを下腹部をへこます時大腿部が上に押し付けを緩めると大腿部が下に動くはずです。
上の方の腹筋をへこますと頭が上に上がるのでそれは控えましょう。

 

これと同じ要領で水中でのドルフィンキックをします。
足は長いフィンのように使います。
脚の筋肉も使っていますが、腹筋が原動力なので足が疲れることはありません。

 

プールではフライオンバックで練習します。
プールで仰向けになって腕は体側に添える、
または前方に伸ばすの両方で練習しましょう。

 

頭や腕が上下すると抵抗になります。
みぞおちから前は絶対に動かさないようにするのがコツです!

 

>>>スピードアップのための練習メニュー|バタフライ

注目コンテンツ
>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 

スポンサーリンク