バタフライの泳ぎ方のコツ|バタフライの呼吸法について

注目コンテンツ

当サイトでも、出来るだけ分かりやすく、水泳の各泳法の早くなる秘訣についてご説明しております。しかし、どうしても文章だけでの説明では限界があります。
やはり、理解するスピード、量では動画での解説が一番です

 

>>>各泳法、具体的に泳ぎのコツや、早くなるコツなど「体の動かし方」

 


水泳,バタフライ,呼吸法,泳ぎ方,コツ


バタフライの泳ぎ方のコツ|バタフライの呼吸法について

水泳,バタフライ,呼吸法,泳ぎ方,コツ

バタフライは水泳の中でも、泳ぎ方が難しいと思う人が多いかもしれませんが、
平泳ぎが変化したもので、通称「バッタ」と呼ばれます。

 

ここではバタフライの呼吸法についてご紹介します。

 

バタフライの呼吸法とは?

バタフライで前進するためには、
水面に近いところで呼吸することが重要です。
そのためには上体を上に引き上げるのがコツです。

 

注意点は
体重移動で前に重心をおいていると、
腕を上げるときに体が反ってしまい、胸で抵抗を受けやすくなり、
スピードダウンの原因になってしまいます。

 

また、体を反った状態から水中に戻すと
体が潜ってしまい、上下動が激しくなるので気をつけましょう。

 

>>>バタフライのスピードアップの秘訣